フェイスリフトコラム

2016年12月30日 金曜日

フェイスリフト 悲惨な失敗はリカバリーできるのか

効果的な若返りが期待できるフェイスリフトだが、100%成功するということはありません。 手術をする医師も人間である以上は極めて稀ですが失敗もありえます。 しかしながら、失敗を恐れてなにもせずにいるよりは、万一の失敗をしたときの想定して前進する方が賢明です。



目次


  • フェイスリフトの種類は大きく二つ 【切る】or 【切らない】
  • 切らないフェイスリフトの失敗とリカバリー
  • 切るフェイスリフトの失敗とリカバリー
  • まとめ


フェイスリフトの種類は大きく二つ 【切る】or 【切らない】


美容整形手術の中で、もっとも若返り効果が期待できるフェイスリフトですが、その手段は【切る手術】と【切らない手術】の大きく2種類が存在します。 切る手術の場合、若返り効果は期待できるのですが、手術費用が高いことと、ダウンタイム(回復までの時間)が長くかかるため、 受ける場合はそれなりの準備が必要になります。 対して切らない手術の場合、専用の糸を皮下に差し込むことでリフトアップを図るため、施術時間は30分程度(使用する糸の本数による)と短く、 その日のうちに日常生活に戻ることができます。買い物ついでに気軽に受けられるという意味で、ショッピングリフトなどと呼ばれることもあります。


合わせて読みたい
→ 切る手術 vs 切らない手術



切らないフェイスリフトの失敗とリカバリー


糸を差し込むだけの切らないフェイスリフトでも、失敗例はあります。 簡単な手術ゆえ、いろいろなクリニックが施術を行っている分、その技術に確証はありません。 切らない場合の代表的な失敗例は以下二つです。それぞれのリカバリー方法とともに見ていきましょう。


『効果がない』
糸を埋め込む位置や本数が的確でなかった場合、フェイスリフトの効果が全くないという失敗が起こります。 また、施術直後には効果が見られても、すぐにまた元に戻ってしまうというパターンもあります。


効果がない場合のリカバリー
効果が見られなかった場合のリカバリー方法ですが、追加で糸を入れ直すか、 他の方法(ヒアルロン酸やボトックス注射など)を合わせて効果を引き出すことが必要になります。 もともと糸で引き上げるだけの手術なので、切る場合に比べて効果が薄いということは認識して、大きな期待を描かないこともポイントです。


『引きつった顔になる』
こちらも糸を埋め込む場所や本数に起因します。 皮膚を引っ張りすぎた状態で糸が入ってしまうと、引きつった不自然な表情になってしまいます。 両側、または片側のみが引きつってしまう場合もあります。


引きつってしまった場合のリカバリー
糸を埋め込む手術の場合、糸を抜いてしまえば元に戻ると思われがちですが、実はそれは不可能です。 フェイスリフト用の糸は、皮膚を引っ張るためのトゲが生えている構造になっています。 そのため、簡単に引き抜くことはできず、技術のない医師に引き抜かれてしまうと皮下組織も絡んで引き出され、 後遺症が残ってしまいます。 リカバリーは、糸の効果が薄れるまで自然放置するか、技術力の高い専門医師に糸の除去を行ってもらいましょう。



切るフェイスリフトの失敗とリカバリー


切らない場合よりもずっと効果が高い切るフェイスリフトは、文字どおり顔にメスを入れることになるため、 失敗の種類も多くなります。 同じくリカバリー方法とともに見ていきましょう。


『効果がない』
切る場合はほとんどない失敗ですが、稀に効果が実感できないこともあります。 皮膚下組織のSMASと呼ばれる部分まで十分に引き上げられていない場合などに起こります。

効果がない場合のリカバリー
一回の手術で効果がなかった場合、縫合部分を再度切開し、引き上げ直す手術が必要になります。 施術部分への負担が大きくなり、ダウンタイムが長くなるので、十分な時間を確保してから臨みましょう。


『傷跡が目立つ』
引き上げた後、縫合がうまくできていなかったり、縫合はうまくいっても傷口がケロイド状になってしまうことで傷跡が目立ってしまうことがあります。


傷跡が目立つ場合のリカバリー
目立つ部分を切り取って詰め直す手術でリカバリーが可能になります。 注意点としては、目立つ部分を切り取ってしまうため、その分さらに引き上げることになります。 傷跡が綺麗になったとしても、表情が不自然になってしまっては意味がないので、事前に相談の上行いましょう。


『腫れ・内出血がひどい』
手術後、腫れや内出血がひどく、ダウンタイムが長引く場合があります。 痛みが伴うととにかく辛いのがこの失敗です。


腫れ・内出血がひどい場合のリカバリー
ダウンタイムは切る場合でも長くて一ヶ月程度です。 それ以上続く場合は、感染症などの疑いも出てくるので、手術を受けた専門クリニックに相談しましょう。 このケースの場合、リカバリーというよりは、治療を優先してください。



まとめ


効果的な若返りが期待できることと隣り合わせで、失敗のリスクが伴うフェイスリフトですが、 ほとんどの場合はリカバリーが可能になっています。 失敗を恐れず、、、とはいきませんが、リカバリーまでのことも考えて受けるかどうかの最終判断をしましょう。


また、そもそも論ですが、失敗の少ない医師の手術を受けることが大前提になります。 事前に症例数の多いクリニックを調べ、そのクリニックの口コミや、医師の評判などをしっかり調べてから相談しましょう。 名医であれば失敗のリスクは減り、万が一のリカバリー時も頼りになります。 しっかりと医師選びを行い、効果的なフェイスリフトを受けましょう。

記事URL

2016年12月23日 金曜日

フェイスリフトを受けるなら、みんなの【体験談】を読んでから

美容整形の手術の中でも、若返り効果が高いと言われるフェイスリフト。 いろいろ調べていくと、様々な体験談を見つけることができます。 フェイスリフトの手術を受けるかどうかの判断材料に、先輩方の体験談を読んでみるととても参考になります。



目次


  • フェイスリフトがオススメなのはこんな場合
  • 体験談は成功と失敗の2つの側面が学べる
  • まとめ


  • フェイスリフトがオススメなのはこんな場合


    フェイスリフトは文字通り【顔の引き上げ】を物理的に行う美容外科手術です。 顔という部分は、第一印象を作る部位であり、年齢という意味でももっとも感じやすい場所になります。


    試しに、鏡の前に立ち、耳のあたりを両手で引き上げてみてください。 ほうれい線などの口元のシワが引き伸ばされ、10年前の自分のような顔になりますよね。 フェイスリフトの手術は、外科的手術によって皮膚を引き上げ固定することによって、 若き日の表情を取り戻す方法なのです。


    もちろん、アンチエイジングのサプリメント使用や食事療法、エステなど、日々の習慣にいろいろ取り入れてることで、 ある程度の老化防止効果は期待できます。 しかしながら、やはり年齢に勝てなくなる時期は来るもので、 40代50代になると、日々の習慣だけでは現状維持が精一杯になってくるときが訪れます。


    そんなときにオススメなのが、フェイスリフトです。 フェイスリフトは物理的に皮膚を引き上げるので、老化をリセットするにはもってこいの方法となります。



    体験談は成功と失敗の2つの側面が学べる


    いくらオススメといっても、やはり顔にメスをいれるわけですから、 とりあえずやってみよう!という軽い感じでの決断は難しいもの。 費用もそれなりにかかるので、慎重に決めたいものです。


    そんな時にまず目を通しておくといいのが【体験談】や【口コミ】です。 フェイスリフトという技術自体は、何年も前からあるものなので、手術を受けたばかりの人の声から、 複数回受けている人の声まで、いろいろな情婦を得ることが可能です。


    体験談からは、2つの側面を読み取るように心がけましょう。 すなわち、成功パターンと失敗パターンの2つです。 成功パターンからは素直に意見を頂戴し、失敗パターンからはどうすればその失敗を回避できたかを考えてみましょう。

    合わせて読みたい
     フェイスリフト 口コミ から学ぶクリニックの選び方


    ちなみに、インターネットでいろいろと検索してみると、フェイスリフトの体験談が相当数ヒットしますが、正直参考になるものは半分以下。 あとの半分は教えてください系の質問書き込みと、感情論系の愚痴っぽい書き込みです。 こちらはあまり参考にはなりませんので、見分けてスルーしましょう。



    成功パターン体験談の例


    "3ヶ月たちましたがいい感じですよ。 いつのまにか、法令線もゴルゴ線も目立たなくなってました。 ふいにうつむいた時の頬の垂れかたも違います。"

    "フェイスリフトをして約一ヶ月経ちました。 全身麻酔で一泊入院する本格的なフェイスリフトです。 縫合も綺麗でびっくりでした。 線ハゲはできましたが、髪の毛アップにしなければ隠せるし。 今のところ結果には満足してます。"

    "うまくいくかどうか緊張した部分はありましたが、副作用もなく平和に送れています。 肌の感じも10歳くらい若返ることができ、挑戦してみてよかったなって思える施術でした。"

    引用ソース:http://www.e-kuchikomi.info/


    上記引用文には載せていませんが、 成功例の体験談はどこのクリニックでどの医師の手術を受けたかが重要なポイントになります。 自分が受けたい手術と同じものを受けた人の体験談を探してみると、クリニック選びの参考になることでしょう。


    また、術後の経過などについて書かれている体験談も多くあるため、 そちらも参考に、必要であれば直接スレッドに質問を投げてみましょう。 みなさん最初は同じところで悩んでいた場合が多いので、親身に答えてくれる人がきっといるはずです。



    失敗パターン体験談の例


    "○○リフトを受けましたが、腫れの為目の形が変わって毎日鬱です。 術後まだひと月経ってないですが、皮膚は上がりましたが、腫れが引かないので後悔してます。"

    "強く勧誘され、全く疑わず愚かにも受けてしまいました。 非常に後悔しています。夢にもこの様な結果になろうとは思ってもいませんでした。 くぼみ、ひきつれ、とても醜いです。効果はともかく、元の顔に戻りたいです。"

    "なかば強引なカウンセラーさんの巧みな話術に惑わされ... かなりな高額で行い1ヶ月と数日が経過しましたが、全く ほとんど変化も効果もありません。 この1ヶ月誰にも会えず顔ははパンパンに腫れてるのに頬には糸で凸凹してるアンパンマンみたいな顔と頑張って付き合ってきたのに... 腫れが引いてきた頃には施術する前となんら変わりありませんでした。"

    引用ソース:http://www.e-kuchikomi.info/


    失敗パターンの体験談は、概ね【効果がない】【痛い】【高額】この3つでした。 これを回避するにはどうしたらいいかを考えてみましょう。


    まず【効果がない】ということについてですが、事前のカウンセリングで仕上がり後のイメージをきちんと聞いておく必要があります。 こちらが希望する仕上がりを目指すために、どんな手術を行うのか。 糸だけのリフトなのか、それとも切るのか。これによって効果は変わってきます。


    手術の種類は、【痛い】ということと【高額】ということについても関わってきます。 大きく変化したいのであれば、それなりに大きく切る必要があるため、術後の痛みはあって当然と覚悟しておきましょう。 もちろん大手術であればあるほど費用も高くなります。 術後に起こりそうなトラブルにはどのようなものがあるのか。 ダウンタイム(日常生活に戻れるまでの回復時間)の期間がどのくらいなのか。 合計費用はいくらになるのかなど。カウンセリング時に聞いておきましょう。


    また、変に期待し過ぎると満足感は薄くなってしまいます。 フェイスリフトは皮膚とその下層組織の引き上げによって、シワやたるみを改善するものであり、 決して骨格や顔の形そのものを変えるものではないということをわかっておきましょう。



    まとめ


    いろいろな体験談を読み解いていくと、つまるところクリニック選びが満足感に繋がっていることがわかります。 成功パターンからオススメのクリニックを知り、失敗パターンからは反面教師としてクリニックの選び方を学びましょう。


    → フェイスリフト名医ランキンングはこちら

記事URL