フェイスリフトコラム

2016年7月29日 金曜日

若返り治療 におけるフェイスリフトの役割

日々どんどん進化し続けている若返り治療という分野。技術の種類も増え、より細かい要望に応えられるようになっています。そんな若返り治療における、フェイスリフトの役割を見ていきましょう。



目次


  • 若返り治療とは
  • シワがなくなると○○歳若く見える
  • こんなにある!!フェイスリフトの種類
  • 自分に合ったフェイスリフトは?
  • まとめ


若返り治療とは


美容整形において、若返り治療にカテゴライズされる施術にはいろいろな種類があります。

例えば、施術内容別にわけただけでも、注射による注入、糸によるリフトアップ、レーザー照射、サプリメントや飲み薬の服用、脂肪の抽出、外科手術と多岐にわたります。

若返り治療を受ける側にとって、手段がたくさんあることは、細かい悩みに対応出来るというメリットもありますが、いろいろあって選べないというデメリットもあります。

ですので、クリニックを選ぶ際は、どこの部分をどうしたいのか、ということをはっきりさせておくと、医師側も提案しやすくなり、悩みの解決に繋がりやすくなります。



シワがなくなると○○歳若く見える


若返り治療の主たる役割は、シワやたるみの改善です。しみやくすみなどの治療もありますが、見た目の年齢により関係が深いのが、シワやたるみです。

実際に、見た目が老けて見える原因として挙げられるものを下記に羅列します。

・目の周りのシワ
・ほうれい線
・目の下のたるみ
・輪郭のたるみ
・やつれて頬骨が出る
・目の周りが窪む
・手や首のシワ
・髪のボリュームがない
・ゴルゴ線(目頭から斜めに下がって入るシワ)

ご覧の通り、シワとたるみが老けて見える主な要素になっています。同じ50代でも、40歳に見える人と60歳に見える人がいるのは、これらが原因であることがわかります。

シワやたるみが改善すると、人によっては10歳若く見られるということです。



こんなにある!!フェイスリフトの種類


老けて見える原因となるシワやたるみを改善するための施術は、総称してフェイスリフトやリフトアップなどと呼びますが、その種類は実に数十種類と言われています。

大きく分類すれば、切るか切らないかという2択になりますが、ふたつとも細分化すると相当な選択肢になります。

以下、若返り治療としてのフェイスリフトの種類です。

・スプリングスレッドリフト(糸)
・ループリフト(糸)
・コラーゲンリフト(糸)
・ミントリフト(糸)
・フェザーリフト(糸)
・ヒアルロン酸注入(注射)
・ボトックス(注射)
・マイクロリフト(外科手術)
・部分リフト(外科手術)
・トータルフェイスリフト(外科手術)

上記以外にも、使用する糸の種類によっていろいろな名称がつけられていたり、海外輸入技術を使ったものがあったりなど、まだまだたくさん存在します。



自分に合ったフェイスリフトは?


たくさんあるフェイスリフトの種類ですが、自分に合ったものを探すのは至難の技です。

受ける側としては、どのような施術をどこにどのくらいするべきかという判断はできないため、親身に相談に乗ってくれる医師がいるということを、クリニック選びのスタート地点とすると良いでしょう。

もちろん、施術の手段がある程度選べるという前提のもと、クリニックを探すことも大事なことになります。



まとめ


近年種類も増え、技術もどんどん進歩している美容整形業界。若返り治療という分野はこれからも細かいニーズに応えるために進歩を続けることでしょう。

その過程で、受ける側の知識が追いつかなくなってくることが心配されますが、その分しっかりと先進技術を取り入れる努力をする医師も増えてくることとなります。

ご自分に合ったフェイスリフトを探して、ぜひ10歳若返ってください。



フェイスリフトの名医ランキングと、それぞれのクリニックへのリンクはこちら(→)をクリック!!


フェイスリフトの種類別解説はこちら(→)をクリック!!

記事URL

2016年7月22日 金曜日

フェイスリフト 名医ランキング上位の特徴まとめ

フェイスリフト解説ガイドの名医ランキング上位クリニックの特徴をまとめました。それぞれに得意分野があり、またクリニックによって人柄も空間プロデュースもことなるため、ご自分と合うところをぜひ探してみてください。



目次


  • 名医ランキング上位はこのクリニック
  • 切るフェイスリフトならココ!!2,000症例以上を執刀した名医『恵比寿美容外科』
  • 開業25年の実績!!全国27拠点の『城本クリニック』
  • 注入など気軽な施術ならココ!!若い方からの支持が厚い『共立美容外科』
  • 切らないフェイスリフトの実績豊富!!アサミ美容外科
  • ウルトラVリフトならココ!!KM新宿クリニック


名医ランキング上位はこのクリニック


当サイトでご紹介しているフェイスリフトの名医ランキング下記の通りです。


  1. 恵比寿美容外科
  2. 城本クリニック
  3. 共立美容外科
  4. アサミ美容外科
  5. KM新宿クリニック

症例数、価格、カウンセリング、フォローの充実、施設の充実という5つの評価基準の合計点からランキングを作成しています。

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。



切るフェイスリフトならココ!!2,000症例以上を執刀した名医『恵比寿美容外科』


日本で唯一のアンチエイジング手術専門クリニック『恵比寿美容外科』。
フェイスリフトは、特に切る手術を得意としています。


ここが名医!!専門医だからできること


恵比寿美容外科の特徴は、なんと言ってもアンチエイジング専門医という点。相談からアフターまで一貫して親身に対応してくれます。

現医院長の柳田先生は、過去の執刀手術数2,000以上、注入手術数25,000以上と業界トップクラス。安心していろいろ相談できます。

相談は予約制ですが、一人一時間という枠で設定してくれるため、先生とマンツーマンでしっかり話すことができます。

また、プライベートクリニック(貸し切り)での対応が出来たり、遠方からの来院には交通費を負担してくれたりと、患者目線での細かい気配りがされています。

恵比寿駅からも代官山駅からも、アクセスが良い点も嬉しいですね。



開業25年全国27拠点の『城本クリニック』


開業25年、全国に27の医院を運営する『城本クリニック』。フェイスリフトは切る手術も切らない手術もどちらも対応可能です。フェイスリフト以外の手術実績も豊富なので、複合的なお悩み解決には心強い味方となります。


ここが名医!!大手だから選べる豊富なフェイスリフトの手段


城本クリニックは、業界大手規模のクリニックです。そのため、フェイスリフトも様々な方法の中から、患者にあった方法を判断して施術します。
本格的な切るフェイスリフトから、気軽に試せる溶ける糸を使用するものまで、幅広く対応してくれます。

注意点としては、先生の数が多いので、カウンセリング医と執刀医が入れ替わる場合があります。心配ならば事前にしっかり確認しましょう。



注入など気軽な施術ならココ!!若い方からの支持が厚い『共立美容外科』


こちらも開業25年の老舗にして、全国16拠点の大手クリニック『共立美容外科』。TVコマーシャルのイメージも強いこのクリニックは、気軽な注入系の施術を求める若い層に支持されています。


ここが名医!!キャンペーン利用でお得に利用可能


共立美容外科は、大手チェーンクリニックということでマメにキャンペーンを展開しています。
例えば、「今だけボトックス注射が最大60%OFF!!」などのように、気軽な施術をキャンペーン利用でもっと気軽に利用出来るようにしています。
美容整形初心者にはハードル低めで嬉しいですね。

当たり前ですが、安くしているからといって、手を抜くということはありません。



切らないフェイスリフトの実績豊富!!アサミ美容外科


全国3店舗と、個人医院とチェーンクリニックの良い所をバランスよく体感できる『アサミ美容外科』。
切らない施術を推しており、日帰りメニューが豊富です。


ここが名医!!25年間医療事故ゼロという信頼


日帰りメニューを推している分、事前カウンセリングとアフターフォローをしっかり行なっているため、安心要素としては大きいですね。
5年間のアフターケアサービスは、個人医院ではなかなかできないことです。

また、料金面も大手と個人医院の中間といったところで、注入や糸を使った気軽な手術をリーズナブルに、しかも安心のフォロー体制で行ないたいという方にはおすすめです。



ウルトラVリフトならココ!!KM新宿クリニック


糸を使ったフェイスリフト「ウルトラVリフト・ショッピングリフト」をイチ押しとしている『KMクリニック』。
2016年9月には銀座にもオープンし、山手線右半分からのアクセスも良くなります。


ここが名医!!とにかくウルトラVリフト推し


数あるフェイスリフトの方法の中から、迷い無くウルトラVリフトをおすすめしています。
時々キャンペーンも行なっており、10本50,000円が35,000円になっていたりするので、初めての方でも気楽に、まさにショッピング感覚で受けることが出来ます。

個人医院らしい丁寧で親身なカウンセリングも高評価です。



フェイスリフトの名医ランキングと、それぞれのクリニックへのリンクはこちら(→)をクリック!!


切るフェイスリフトと切らないフェイスリフトの解説はこちら(→)をクリック!!

記事URL