フェイスリフトコラム

2017年3月30日 木曜日

【30代でのフェイスリフト】が早過ぎではない3つ理由

フェイスリフトというと、40代50代もしくはそれ以降で手術希望者が多いイメージです。 30代でとなると、いやまだまだ早いでしょう!と周囲に言われてしまうこともあります。 しかしながら、30代での手術は決して早すぎる決断ということはありません。 むしろ気になっているのであれば、早めに気になる点を改善してしまいましょう。



目次


  • 30代は見た目で20代にも40代にも化ける
  • 30代でフェイスリフトを受けるメリット
  • - 目立たない
  • - 手術が軽い
  • - 直接的効果と副次的効果
  • まとめ


30代は見た目で20代にも40代にも化ける


子供の時、母や祖母が急に老けて見えるという経験をした人は多いと思います。 ふとした表情であったり、あらためてまじまじと見つめた時にそう感じたことでしょう。 これは、脳の原理によるものらしいのですが、脳は記憶の合成によって物事を見ており、それがアップデートされる瞬間があるそうです。 そのタイミングに『急に老けて見える』という現象が起きるのだそうです。 自身の顔でも、写真や鏡を見た時など、ふとした瞬間に『老けたかなー』と感じるのは、同じく脳のアップデートによるものです。


話を戻しますが、自分の顔に老いを感じ始める年代は?という問いに対し、最も多かったのは、30代前半から30代後半という回答でした(YOMIURI ONLINE)。 25歳がお肌の曲がり角という言葉がありますが、実際に老いを実感するのは30代になってから。 皆、目尻のシワや、ほうれい線などが目立ってくることで、年齢を感じています。


シワなどの年齢を感じる要因が少ないほど、見た目年齢が若く見られるわけですが、 30代は見た目での年齢差がつきやすく、5歳上に見られるか、5歳下に見られるかが、大きな差になります。



30代でフェイスリフトを受けるメリット


見た目での老いを感じる30代なので、フェスリフトの手術を受けようかなぁとあれこれ調べている方も多いことでしょう。 一般的には30代というとまだ早いという印象があります。たしかに早いというのも事実ですが、早過ぎではないということも事実です。 以下、30代でフェイスリフトを受けるメリットについて、3つのポイントをお伝えします。


メリット1、目立たない


老けを感じる30代ですが、極端に言えば、高齢者のそれとは意味が違います。 30代の老けは、あくまで10代20代の頃と比較しての相対的なものです。 なので、表情によるシワが深くなったり、細かいシワがちょっと目立ってきたかなぁ程度のものです。 この時期に、フェイスリフトを受けると、他人にバレることなく手術を受けられるというメリットがあります。 『あれ?化粧変えた?』『今日なんかいつもより明るいね!!』くらいにしか思われないかも知れません。


メリット2、手術が軽い


二つ目のメリットは、手術が軽くて済むということです。 30代の皮膚は若いため、手術方法をチョイスする際、選べるものが多くなり、 その中でも比較的軽めの手術を積極的に選べるというメリットがあります。 また、術後の回復が早い点もメリットとなります。


合わせて読みたい
→ バレないフェイスリフトでさりげなく若返る


メリット3、直接的効果と副次的効果


三つ目は、手術の効果です。 軽めの手術を選んだ際も、比較的効果が得られやすいというメリットがあります。 上記と同じ理由で、まだ肌が若いからです。 また、手術を受けるタイミングが早いほど、改善後にハッピーな時間を長く過ごすことができます。 ずっと老け顔で悩むよりも、早めに受けてしまうことで、気分を良くするという選択は賢いのではないでしょうか。 直接的な効果と同時に、副次的な効果も得られるのが30代のフェイスリフトです。



まとめ


フェイスリフトは、現在のところ顔の若返りを体感できる最も優れた美容手術ですが、 受けるタイミングや、改善したい箇所、改善したい程度によって、様々な手術方法があり、調べているうちに混乱してくることもあります。 いろいろ見ているうちにどんどん悩みが深くなってしまい、手術の決断ができない時期が長くなってしまっている人は実にもったいない。 自身の顔に老いを感じ、改善したいと思ったら、下調べは時間を決めて行うことをおすすめします。


30代での決断は決して早すぎることはないので、悩みのポイントを整理して、 カウンセリングを受けてみましょう。