フェイスリフトコラム

2017年1月30日 月曜日

アゴのフェイスリフト|方法と効果

美容整形の外科手術であるフェイスリフト。施術によって改善できるのは主にシワとたるみですが、改善できる箇所は複数あります。 今回はアゴにリフトアップについて。その特徴と効果について見ていきましょう。



目次


  • アゴのフェイスリフトで悩みを改善
  • 手術方法は様々
  • おすすめは【切る】手術
  • クリニック選びは慎重に
  • まとめ


アゴのフェイスリフトで悩みを改善


シワやたるみを改善し、若返りを実現するフェイスリフトという手術。 頬と口元への効果を求める方に次いで多いのがアゴと首のたるみの改善です。 まずは実際にアゴのフェイスリフト手術を受けた人の声を見てみましょう。


『 頬とアゴのたるみが気になり、様々な美容整形を受けてみましたが、効果を感じられなかったので、思い切ってフェイスリフトを受けることにしました。 10歳以上若返った気がします。もっと早くにしておけばよかった。今は鏡を見るのがとても楽しいです。 』

アゴのたるみは、加齢とともにブルドックのような表情になってしまうため、悩んでいる方が多いのですが、 実際にフェイスリフトに踏み切るには勇気がいるという声もあります。


痛いのではないか。顔を切るなんて怖い。 失敗したらどうするの?傷跡は残らないの?などなど。


しかし、実際に受けた人の声を見てみると、 悩みが解決され、晴れやかな気持ちで毎日を送っているケースが多く、 いかにフェイスリフトの効果が高いかを知ることができます。



手術方法は様々


一口にフェイスリフトといっても、その手術方法は様々です。 こちらの記事をご参照ください。
→ 切るor切らない


大別すると切るか切らないかという2択になるのですが、 切る場合はどこをどう切るのか。切らない場合はなにを用いるのか(糸なのかシートなのか。それぞれの形状と素材はどんなものなのか)。 と、手段も用具も様々です。


さすがに素人に対して好きな手術方法を選べとは言われないので、その点は心配無用です。 自分の悩みの場合はどの手術がいいのかは、クリニックで教えてもらえます。



おすすめは【切る】手術


概ねアゴのフェイスリフトの場合は、耳の下を切って引き上げる方法を取る場合が多いようです。 傷口が小さくて済むため、翌日から洗髪できるくらい回復も早く安心です。 また、切らない手術に比べて、効果もわかりやすいという特徴があります。


さらに、万が一効果が弱かったり、傷口がケロイド状になってしまった場合でも、 リカバリーしやすいのが切る手術です。 (糸を使った引き上げに場合、失敗しても糸を引き抜くのは困難です。)



クリニック選びは慎重に


アゴのフェイスリフト然り、特に切る手術を選ぶ場合、成功する秘訣はクリニック選びにかかっています。 フェイスリフトができる美容整形外科医は、都内だけでも400名以上いると言われており、 医師によって得意とする手術が異なります。


アゴのフェイスリフトを受けたい場合は、 アゴのフェイスリフトを手がけた回数が多い医師を選ぶこと。 切る手術の執刀数が多い医師を選ぶことが、クリニック選びのコツになります。


執刀数は各クリニックのホームページなどに記載されているケースが多いので、一度確認しておきましょう。 また、口コミ数が多いクリニックや、ユーザー評価が高いクリニックも一度カウンセリングを受けてみるとよいと思います。


当サイトでもランキングでまとめているのでご覧になってみてください。
→ フェイスリフトの名医ランキング



まとめ


最後に、アゴのフェイスリフトの費用などをまとめておきます。 (都内有名クリニックのサイトを参考にしています。)


費用:50万円〜60万円
手術時間:60分〜120分程度
術後:当日から日常生活可能(洗髪は翌日から)
効果:たるみの改善、小顔効果


切る手術とはいえ、皆さんが想像しているものよりずっと手軽なものなのかも知れませんね。