フェイスリフトコラム

2016年11月19日 土曜日

フェイスリフトテープってなに?その効果と使いかたについて

美容整形手術のフェイスリフトとは異なり、その日その時だけのおしゃれや応急処置として親しまれるリフトアップテープ。 え?なにそれ?という方のために今更ながらご紹介していきます。



目次


  • フェイスリフトテープとは
  • どういう時にどうやって使うの?
  • まずはテープでイメージ そんな使い方もありです
  • まとめ


フェイスリフトテープってなに


フェイスリフトテープとは、一時的にフェイスリフトの効果を味わうための皮膚用テープです。 透明またはペールオレンジのテープで、皮膚への粘着力に優れています。 楽天やアマゾンなどで『フェイスリフトテープ』『リフトアップテープ』などと検索すると、何百点もの商品がヒットします。


価格帯は、高いものだと5,000円近いものもありますが、おおむね1,000円前後です。 つけまつげやアイプチなど、セルフメイクアップツールの一種となります。



どういう時にどうやって使うの?


フェイスリフトテープの使い道ですが、日常的にメイク感覚で使う方もいれば、 パーティーなどの特別な場でのみ使用する方もいます。 日常的に使う場合は、シワやたるみを隠し、若く見せるためのツールとして、 特別な場で使う場合は、いつもより派手めなメイクに合わせて目の形を変えたりするのに使用します。


TVタレントさんや、モデルさん、有名アーティストの方などにも愛用者が多く、 ガガ様やIKKOさんなどがその使い方について公言されているようです。


ものまねタレントさんが顔の形を変えるのに使っているのも、もしかしたらフェイスリフトテープかもしれませんね。 セロテープではあそこまでしっかりした粘着力は得られないと思います。


フェイスリフトテープの使用方法ですが、頬や首など、シワを引き伸ばして目立たなくしたい場所を引っ張り上げ、 その上流にある生え際をテープで固定するという使い方をします。


引き伸ばしかたやテープを貼る位置など、左右対称になるように仕上げるのに最初はコツがいるかもしれません。 慣れるまでは誰かに確認してもらいながら使用すると良いと思います。



まずはテープでイメージ そんな使い方もありです


フェイスリフトテープは、美容整形手術のフェイスリフトとはまったく目的が異なり、一時的な見た目のみの効果となります。 なので、比べてどっちがいいかと考えるものではありません。


当サイトの読者さまへのフェイスリフトテープのおすすめな使い方は、 フェイスリフトの手術を受ける前に、一度イメージ作りのため使用するという用途です。


改善したい部分をまずはテープを用いて改善してみる。 それで1日過ごしてみて違和感を感じないかどうか、表情が不自然にならないかどうかなど、確認してみます。


違和感があった場合は、何度か微調整を繰り返して、若返り効果と自然な表情の維持ができる場所を探します。 それができたらそのポジションを再現できるよう、何日か同じように使用してみてください。


何日か再現ができ、自分でも気に入った表情が作れるようになったら、 美容クリニックに相談しに行きましょう。 カウンセリング時にテープを使用して作ることができた状態について話し、その状態を手術によって作り出せるか聞いてみれば完璧です。



まとめ


フェイスリフトテープは、本来このブログで紹介するジャンルとは異なるのですが、 手術前のイメージ作りという方法をご紹介してみました。


実際に試してみると、理想の顔をつくるのは意外と難しいことがわかると思います。 ベテラン医師たちは、これを一見しただけで見抜き、受け手にとって最善な表情、手術方法を導きだしています。


そう言ってしまうと、自分でテープで試す意味がなくなってしまうのですが、不安解消程度と考えて、ぜひ試しに使ってみてくださいね。