手術事例

2014年1月 6日 月曜日

マイクロリフト・50代女性の症例

この方は、余りアンチエイジングに興味を持っていないようでしたが、写真に写ったご自身のほうれい線が気になり始めたとのことで検討し始めました。

『勇気を出して手術を受けるのだから、どうせならしっかりとした結果を出したい!でも、手術を受けたのが他人にバレたくない・・・・・。』

よくある要望です。

こちらの方は、『キズはなるべく見えないようにしてほしい』という希望のため、トータルフェイスリフト(耳の前全体を切る手術)ではなく、マイクロリフト(耳の上部3cmほど切る手術)を選択しました。

マイクロリフトを希望する方に対し、クリニックでは以下のように説明されます。
『マイクロリフトの手術は、フェイスリフトのなかでも最もキズが短く、キズ部分が非常に目立ちにくい手術です。糸を入れる手術などに比べると効果は高いのですが、トータルフェイスリフトのように切開線長い手術に比べると効果は劣ります。』

手術前後の写真は以下の通りです。


手術前写真


手術後写真

自然な感じですが、効果をしっかり確認できます。


傷跡(術後1ヶ月)


髪型にもよりますが、腫れがわずかなのでお仕事をしながらでも大丈夫です。