手術事例

2014年1月 2日 木曜日

トータルフェイスリフト・フェイスリフト(あご) 40代女性の症例

この方は、アゴのラインとマリオネットラインが気になり、フェイスリフトを考え始めました。


本人が気にしている通り、左右のアゴのラインにたるみがあるのがわかります。

マリオネットラインとは、腹話術の人形やあやつり人形に見られる様な、口角から下に伸びるシワのことを言います。

この方は、ずっと悩んでいたようで、徐々に自分の顔が嫌になり、外出するのも楽しみを得られなくなってしまったので、『このままでいるよりは・・・』と手術を決断しました。

経験が浅い先生に自分の顔を委ねるのは絶対にしたくないとのことで、症例数の多い専門のクリニックを・・・という気持ちでクリニック選びを行ないました。

まずはカウンセリングで、気になっている点を話し、メリット・デメリット、期待できる効果や手術の方法、術後の経過などの説明を受けました。
また、そのほかに家族や職場の方にオープンにするのか、なるべく内緒にするのか、予算について、切る手術にどれだけの抵抗を持っているかなど、時間をじっくりかけて、来院に至った背景など全体像を把握してくれたクリニックを最終的にチョイスしました。

クリニックでは、施術内容を説明し、患者の意志を考慮した上で、取捨選択して手術方法を決定します。

今回この方が選択した治療は、『全体的なほほの引き上げ』という意味で
トータルフェイスリフト
最も気になるアゴのラインを集中的に引き上げる
フェイスリフト(あご)
でした。

術前写真


術後写真


アゴのラインがとてもスッキリし、一目で変化がわかります。
髪型も変えられ、雰囲気が圧倒的に若くなり、かなり満足の様子でした。

顔から笑顔がこぼれ、自信に満ちて表情がぐっと明るくなっていたのが大変印象的でした。