手術事例

2016年9月 9日 金曜日

トータルフェイスリフトなど 50代女性の症例

今回の紹介事例は、ゴルゴ線、法令線、口角下のたるみの改善を希望する50代の女性です。

サーマクールなどで長い間アンチエイジング対策をしてきましたが、思ったほどの実感がなく、思い切って手術を受けつことを決断しました。

フェイスリフトの手術は、切る箇所の長さと得られる効果が比例します。この方は仕事の関係上、一回の手術で完了したいという希望を医師に伝え、切る範囲を長めにして一度で効果を実感出来るような施術を受けました。

以下、手術前の写真です。

50代女性トータルフェイスリフト術前01
50代女性トータルフェイスリフト術前02

手術内容は、コメカミから耳の裏までを引き上げ、たるみを改善するという内容でした。

プラスして、シワに近い部分を効果的に引き上げるため、口角下にはループリフトを。さらに術後のシワ予防として頬にシルエットリフトを行ないました。

手術後の写真は以下の通りです。

50代女性トータルフェイスリフト術後01
50代女性トータルフェイスリフト術後02

術後は芸能人のようなオーラを放っていました。本人も「もっと早く手術を受けていればよかった」と、結果に満足していました。

記事URL

2016年9月 9日 金曜日

トータルフェイスリフト 40代女性の症例

フェイスリフトの手術は、1回の施術で確実にたるみを取ることが出来ます。

ただ、ご存知の通り、最大の不安どころは『手術』であるということです。

手術である以上、傷跡が気になるところですが、実際は耳の前なので、目立つことはほぼありません。(人によってはどこか分からなくなってしまうほどです。)

40代女性トータルリフト術前
術前

この40代の女性は、顔全体的なたるみを改善したいと、トータルフェイスリフトを検討し、手術を受けました。術後の写真は以下の通りです。

40代女性トータルリフト術後
術後

手術前後で皮膚のたるみが少なくなっただけでなく、あごのラインもスッキリして、小顔効果も出ています。

始めの麻酔を打つ際は痛みがあり、恐怖感もそうですが、勇気を出して手術を受けてよかったと、満足の様子でした。

記事URL

2014年1月 6日 月曜日

マイクロリフト・50代女性の症例

この方は、余りアンチエイジングに興味を持っていないようでしたが、写真に写ったご自身のほうれい線が気になり始めたとのことで検討し始めました。

『勇気を出して手術を受けるのだから、どうせならしっかりとした結果を出したい!でも、手術を受けたのが他人にバレたくない・・・・・。』

よくある要望です。

こちらの方は、『キズはなるべく見えないようにしてほしい』という希望のため、トータルフェイスリフト(耳の前全体を切る手術)ではなく、マイクロリフト(耳の上部3cmほど切る手術)を選択しました。

マイクロリフトを希望する方に対し、クリニックでは以下のように説明されます。
『マイクロリフトの手術は、フェイスリフトのなかでも最もキズが短く、キズ部分が非常に目立ちにくい手術です。糸を入れる手術などに比べると効果は高いのですが、トータルフェイスリフトのように切開線長い手術に比べると効果は劣ります。』

手術前後の写真は以下の通りです。


手術前写真


手術後写真

自然な感じですが、効果をしっかり確認できます。


傷跡(術後1ヶ月)


髪型にもよりますが、腫れがわずかなのでお仕事をしながらでも大丈夫です。

記事URL

2014年1月 5日 日曜日

トータルフェイスリフト・フェイスリフト(あご) 60代女性の症例

今回紹介する方は、60代の上品な雰囲気を持つ女性です。



『アゴのライン』が気になるとのことで、フェイスリフトを検討していました。

クリニック選びの基準としては、
『ホームページをみて安心できそうだったから』
『価格が安いから』
とのことでした。

カウンセリング時は、手術に対してかなり不安を感じたていたそうです。

しかし、時間をかけて話していくことで、徐々に緊張がほぐれ、相談しやすかったと満足の様子でした。

アゴのラインをもっとも効果的に引き上げるため、始めにその顎の部分を直接引き上げることのできる『フェイスリフト(あご)』について説明を受け、また、フェイスラインはキレイになっても、ほうれい線がそのまま残ってしまっていると寂しいとのことで、トータルフェイスリフトも選択しました。

頬の膨らみが見えたので、脂肪吸引を受けられたほうが効果的に引き上げられ、ラインもきれいに見えるという説明を受けましたが、マイルドな変化を希望しており、脂肪吸引は腫れたりして抵抗があるとのことで、脂肪吸引については希望しませんでした。

術前写真


術後写真


ほうれい線とアゴのフェイスラインがごく自然に改善しています。

また、顎下の首の縦ジワも見えなくなりました。

手術予定日までの数日間、ネットで様々な情報を調べるほど恐怖心が増していたとのことでしたが、オペ当日のカウンセリングでは全ての疑問を解決し、術後は大変満足し、帰りの足取りは軽快だったようです。

記事URL

2014年1月 2日 木曜日

トータルフェイスリフト・フェイスリフト(あご) 40代女性の症例

この方は、アゴのラインとマリオネットラインが気になり、フェイスリフトを考え始めました。


本人が気にしている通り、左右のアゴのラインにたるみがあるのがわかります。

マリオネットラインとは、腹話術の人形やあやつり人形に見られる様な、口角から下に伸びるシワのことを言います。

この方は、ずっと悩んでいたようで、徐々に自分の顔が嫌になり、外出するのも楽しみを得られなくなってしまったので、『このままでいるよりは・・・』と手術を決断しました。

経験が浅い先生に自分の顔を委ねるのは絶対にしたくないとのことで、症例数の多い専門のクリニックを・・・という気持ちでクリニック選びを行ないました。

まずはカウンセリングで、気になっている点を話し、メリット・デメリット、期待できる効果や手術の方法、術後の経過などの説明を受けました。
また、そのほかに家族や職場の方にオープンにするのか、なるべく内緒にするのか、予算について、切る手術にどれだけの抵抗を持っているかなど、時間をじっくりかけて、来院に至った背景など全体像を把握してくれたクリニックを最終的にチョイスしました。

クリニックでは、施術内容を説明し、患者の意志を考慮した上で、取捨選択して手術方法を決定します。

今回この方が選択した治療は、『全体的なほほの引き上げ』という意味で
トータルフェイスリフト
最も気になるアゴのラインを集中的に引き上げる
フェイスリフト(あご)
でした。

術前写真


術後写真


アゴのラインがとてもスッキリし、一目で変化がわかります。
髪型も変えられ、雰囲気が圧倒的に若くなり、かなり満足の様子でした。

顔から笑顔がこぼれ、自信に満ちて表情がぐっと明るくなっていたのが大変印象的でした。

記事URL